〒822-0002 直方市頓野3225−6

受付時間:(月~金) 9:30 - 13:00 15:00 - 20:00
      (土)    9:30 - 13:00

お気軽にお問い合わせください
 

0949-28-8126

疲労骨折

概要

 

 疲労骨折は骨の同一部位に繰り返し加わる外力によって微小な骨折が起こり、やがて明らかな骨折が生じるに至る機序に対する名称です。どの年代でも疲労骨折の発生は見られますが、10歳代の男子に多く全身に広く起こり、脛骨、中足骨など下肢に多くなっています。

 

 

分類

大腿骨頚部疲労骨折 … 歩行時の鼡径部痛、股関節前方の圧痛、大転子部の叩打痛、運動痛と運動制限などを呈します。

 

大腿骨骨幹部疲労骨折 … 近位部疲労骨折は大腿部痛を、遠位部疲労骨折は膝関節上部の疼痛を主訴とします。大きな歩幅でのランニングやジャンプを繰り返す長距離、中距離、ハードルで起こりやすくなっています。

 

脛骨疲労骨折 … 近位1/3部の疲労骨折は、陸上のトラック競技をはじめ走る競技に広く起こります。走行時に力がこの部位に集中し、膝および足関節運動時にヒラメ筋と膝窩筋の付着部の境界で強い曲げる力が作用して生じます。2か月~3か月で治癒します。

中央1/3部前方の疲労骨折は、跳躍時にこの部分に作用する力が原因で、バスケットボール、バレーボールなどで多くなっています。6か月以上の安静が必要です。

遠位1/3部後内足部の疲労骨折は、腓腹筋や足関節を底屈させる筋群の筋力が原因と考えられています。陸上のトラック競技などに多くなっています。一般に4~6週で治癒します。

 

腓骨疲労骨折 … 近位1/3部に発生する跳躍型はウサギ跳びで、遠位部1/3部の疾走型は長距離ランナーで発生しやすくなっています。4~6週で治癒します。

 

中足骨疲労骨折 … 中足骨はランニングやジャンプの際に大きな力が繰り返し加わり、その疲労骨折が陸上競技の短・長距離走や跳躍、バスケットボール、バレーボール、剣道などで多くなっています。一般的には2か月の安静で治癒しますが、第5中足骨では治癒が遅く、ギブス固定もしくは手術が進められることもあります。

 

肋骨疲労骨折 … ゴルフ、野球のスイング動作の繰り返しで、第2~9肋骨で発生します。ゴルフでは利き手の反対側、野球では利き手側に起こりやすくなっています。剣道やウエイトトレーニングでは第1肋骨疲労骨折がみられます。

 

腰椎分離症 … 腰椎分離症はほとんどが活発なスポーツ活動による障害で、ほぼ例外なくL5椎に、まれにL4椎に起こります。10歳以降に増加し、男子が大多数を占めます。

 

 

お問合せはこちら

お気軽にお問い合わせください

        お電話でのお問合せはこちら

0949-28-8126

受付時間  9:30~20:00

アクセス

〒822-0002
直方市頓野3225-6

電話番号

0949-28-8126

営業時間

平日 9:30~13:00
     15:00~20:00
土曜 9:30~13:00

休業日

日曜日・祝日