〒822-0002 直方市頓野3225−6

受付時間:(月~金) 9:30 - 13:00 15:00 - 20:00
      (土)    9:30 - 13:00

お気軽にお問い合わせください
 

0949-28-8126

ページ見出しを補足する文を書いてください(例:Welcome to Yamada Company)

変形性膝関節症

概要

 高齢者の訴える症状で最も多い骨・関節疾患は腰背痛と膝関節症です。変形性膝関節症は関節軟骨の変性を基盤とした疾患です。

 変形性膝関節症の病因は一次性と二次性に分けられ、代謝性疾患、外傷、先天異常など明確な原因があるものは二次性です。一方、60歳前後の女性が、誘因なく膝の痛みや運動障害、膝に水がたまるなどの症状を訴え、明らかな原因が認められない場合は一次性に分類されます。

 

 

症状

最初は膝関節のこわばる感じを訴えることが多く、長く正座をしたりあぐらをかいた後に立ち上がる際の疼痛や、膝が伸びにくいことを訴えます。通常、座った状態から立ち上がるときの疼痛は歩行によっていったん消失しますが、長時間の歩行で再び疼痛が起こります。疼痛は膝関節の内側、あるいは膝蓋骨の周辺にあり、膝窩部に緊張感を訴えることもあります。階段や坂道の昇降時にも疼痛を感じます。初期には関節の可動域は侵されませんが、わずかに伸展と正座が制限される程度です。

 内反型変形性膝関節症では病変が進行すれば、膝関節は屈曲、内反変形が増強し、内側関節面での接触部分が後方に変位するため、脛骨は大腿骨に対し外旋した変形を生じます。

 

 

お問合せはこちら

お気軽にお問い合わせください

        お電話でのお問合せはこちら

0949-28-8126

受付時間  9:30~20:00

アクセス

〒822-0002
直方市頓野3225-6

電話番号

0949-28-8126

営業時間

平日 9:30~13:00
     15:00~20:00
土曜 9:30~13:00

休業日

日曜日・祝日