〒822-0002 直方市頓野3225−6

受付時間:(月~金) 9:30 - 13:00 15:00 - 20:00
      (土)    9:30 - 13:00

お気軽にお問い合わせください
 

0949-28-8126

股関節形成不全

概要

 出正前および出生後(出生時)に大腿骨頭が関節包の中で脱臼している状態(関節包内脱臼)を、発育性股関節形成不全(DDH)と称されます。この疾患の概念には出生前・後の股関節脱臼はもちろん、亜脱臼や将来脱臼をきたす可能性を有する臼蓋形成不全や新生児股関節不安定症を含めた脱臼準備状態にある股関節がすべて含まれる。発生率は出産の0.1~0.3%で、男女比は1:5と女子に多く、初産児に多い傾向にあります。

 

 

形成不全の分類

新生児期 … 新生児を自然に寝かせたとき、股関節は軽度屈曲外転外旋位となっているのが正常です。脱臼股では内転拘縮などのために、不自然な肢位となり、片側脱臼では左右対称となります。開非テストは新生児の下腿を保持し両膝および両股関節を90°屈曲させ、両股関節を無理なく外転させることです。抵抗なく大腿骨外側がベットにつくのが正常です。途中で抵抗を感じたら、開非制限となります。それ以上の開非を無理に行うと骨頭軟骨を損傷する危険性があります。

 

乳幼児期

肢位異常(新生児に認められたと同様に脱臼側の股関節に開非制限が認められる。)

・大腿皮膚溝の非対称(通常、脱臼側の皮膚溝は正常側と比較して、数が多く、深く、長い。)

・下肢の短縮(仰臥位で両膝を屈曲させ、両下腿をそろえると、脱臼側で膝の位置が低くな る。)

・寛骨臼の空虚(正常股関節ではScarpa三角部に骨頭の骨性抵抗を触れるが、脱臼側ではこの部分が空虚です。)

・伸縮徴候(仰臥位で股関節を90°屈曲させ、脱臼側の大腿の引き下げ、引き上げ操作を行うと、大腿上端部の異常な上昇・下降を感じます。)

・大転子高位(股関節完全脱臼例では脱臼側の大転子の位置が高くなります。)

 

 

お問合せはこちら

お気軽にお問い合わせください

        お電話でのお問合せはこちら

0949-28-8126

受付時間  9:30~20:00

アクセス

〒822-0002
直方市頓野3225-6

電話番号

0949-28-8126

営業時間

平日 9:30~13:00
     15:00~20:00
土曜 9:30~13:00

休業日

日曜日・祝日